2011.02.27 Sunday

[ドラマ]TAROの塔 第一回 「太陽の子」

岡本太郎の生涯を描いたドラマ「TAROの塔」。
第一回は万博プロデューサーに岡本太郎が決定するまでと、太郎さんの幼少時代、両親である岡本かの子、一平の関係についてが描かれていました。

一平さんが増水した多摩川をわたり、かの子さんの元へはせ参じた場面は「かの子繚乱」でも描かれていました。自分の芸術に没頭するあまり、太郎さんを柱にしばりつけておいたことも事実だそうです。芸術の神にすべてを捧げてしまった、童女のまま大人になってしまったかの子さん。
その純粋さゆえに夫以外の男性を愛し、家に同居させ、精力的に歌を詠みます。
しかし、その純粋さゆえ恋にも破れ、世間からは異端視されてしまいます。
そんなかの子さんを葛藤の末に女神のごとく崇拝し、彼女を庇護することを愛とした一平さん。

太郎さんは両親の壮絶な愛憎と芸術への情熱を肌に受けながら成長し、彼もまた世間を敵にまわしながら芸術のための戦いに身を投じていきます。

いやあ、さすが寺島しのぶさんです。白塗りの化粧に眼だけがらんらんと輝く、情熱と狂気の間にいるようなかの子さんを演じていましたねえ。わたしは今、着付けをならっているのでどうしても着物に目がいってしまうのですが、かの子さんのお着物は模様の大きな柄が多く、これはきっと当時の奥さんが着る感じではないと思います。このあたりもかの子さんの中にある少女っぽい無邪気さを演出しているようにもおもえます。

太郎さんの成長を描くと同時に、万博へ太郎さんがどうかかわっていくかが描かれます。
万博と言えば太陽の塔があたりまえ、というイメージがあるのですが、アバンギャルドな芸術家と言われた太郎さんと、高度経済成長の象徴のような万博が融合するのって、考えてみたらかなり「異質」なのかも。そこにさまざまな方が関わってくるわけですね。

それにしても岡本太郎役の松尾スズキさん、太郎さんが乗り移ったかのようで、風貌や話し方、しぐさまでものすごく似ています。

TAROの塔 第二回 「青春のパリ」→
TAROの塔 第三回 「戦友」→



かの子撩乱 (講談社文庫 せ 1-1)
瀬戸内 晴美
講談社
売り上げランキング: 1074


強く生きる言葉
強く生きる言葉
posted with amazlet at 11.02.25
岡本 太郎 岡本 敏子
イーストプレス
売り上げランキング: 1221

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946222
 いや〜最初は松尾スズキさんが出てくると、笑えてきちゃって・・ どうなんだろう〜大丈夫か?とか、昔TVで見た、訳わからないながらも強烈ですさまじい岡本太郎のパワーが感じら ...
  • トリ猫家族
  • 2011/02/28 8:58 PM
常盤貴子目当てでみたけどこのドラマ面白い! 常盤貴子は、岡本太郎(松尾スズキ)の養女で秘書平野敏子役である。はじめ岡本太郎の妻役かと思ったが、そうではない。岡本太郎と平 ...
  • V36スカイラインクーペが欲しい!
  • 2011/03/05 12:27 PM
初回の感想 
  • Akira's VOICE
  • 2011/03/06 10:35 AM

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM